予防接種

 ワクチン接種は、子どもたちを感染症から守るためにとても有効な手段です。病気にかかりやすくなる時期までに、タイミングを逃がさず接種することが大切です。
予防接種を受ける前に正しい知識をみにつけよく理解してから受けましょう。
予防接種のスケジュール等不明な点がありましたら、当医院までお気軽にご相談ください。

予防接種の種類

予防接種には定期予防接種任意予防接種があります。

定期予防接種は決められた期間内に公費負担(無料)で受ける予防接種です。
ただし、対象年齢をすぎると有料となりますのでご注意ください。
【定期予防接種の種類】
Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌、BCG、不活化ポリオ、麻しん風しん、日本脳炎、二種混合、四種混合、水痘、子宮頸がん、B型肝炎

任意予防接種は自己負担で受ける予防接種で有料となります。
【任意予防接種の種類】
インフルエンザ、おたふくかぜ、ロタウイルス、B型肝炎

予防接種を受ける前の注意点

  1. 子どもの体調はよろしいですか?
  2. 子どもの健康状態をよく知っている保護者の方が連れてご来院ください。気になることがあれば医師にご相談ください。
  3. 今回受けようとする予防接種についてよく理解しましたか?
  4. 受ける前日に入浴をして、身体を清潔にし、清潔な服を着させてあげてください。
  5. 当日「親子健康手帳(母子手帳)」「健康保険証」を忘れずにご持参ください。

違う種類の予防接種を受ける場合の間隔

予防接種を受けてから、他の違う種類の予防接種を受ける場合、下記の間隔をあけましょう。

●生ワクチン(麻疹風疹、BCG、水痘、おたふくかぜ、ロタウイルス)
・・・4週間以上あけて次の予防接種を受けましょう。

●不活化ワクチン(四種混合、二種混合、不活化ポリオ、日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎、Hib(ヒブ)、小児用肺炎球菌、子宮頸がん)
・・・1週間以上あけて次の予防接種を受けましょう。

※同一の予防接種は、規定の間隔をあけてください。

予防接種一覧表

●定期予防接種

予防接種名 対象年齢 標準的な接種期間 回数
BCG 1歳未満 生後5~8か月 1回
四種混合
(ジフテリア・
百日せき・破傷風
・ポリオ)
1期初回:生後3~90か月(7歳6か月)未満 生後3~12か月 3回
1期追加:生後3~90か月(7歳6か月)未満
(初回接種後6か月以上の間隔をおく)
1期初回(3回)
接種後12~18か月
1回
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳・12歳 小学校6年生(11歳) 1回
麻しん風しん 1期:生後12~24か月未満
2期:5歳以上7歳未満で、
いわゆる保育園・幼稚園等の年長児
同左 1回
日本脳炎 1期初回:生後6~90か月未満 3歳 2回
1期追加:生後6~90か月未満 4歳 1回
2期:9~13歳未満 小学校4年生(9歳) 1回
Hib(ヒブ) 生後2か月~5歳未満 生後2~7か月未満 初回免役3回
追加免役1回
小児用肺炎球菌 生後2か月~5歳未満 生後2~7か月未満 初回免役3回
追加免役1回
水痘 満1歳~3歳未満   2回
子宮頸がん 12~16歳
女子
中学1年生に相当する
年齢の女子
3回
B型肝炎 1歳未満(H28年4月生まれ以降) 生後2~11か月 3回

●任意予防接種  ※一部助成対象となるものもありますので当院までご相談ください。

予防接種名 対象年齢 回数・間隔
インフルエンザ 当院では生後6か月から 毎年、9歳未満は2回
(2~4週間隔)
9歳以降1回
おたふくかぜ 満1歳より 2回
1回目から5~6年後に1回
ロタウイルス 当院では生後6週より24週まで 経口ワクチンで4週間隔で2回、
生後なるべく早く受けること
B型肝炎 生後より 4週間隔で2回、6か月後に1回

NIID 国立感染症研究所 参考 予防接種スケジュール表

インターネット診療予約システム

information

竹川小児科医院
山口県宇部市厚南中央2丁目1-9
TEL:0836-41-3100

【診療科目】

小児科/アレルギー科

【主な診療内容】

発熱、咳、鼻汁、嘔吐、下痢、腹痛などの一般診療喘息などの呼吸器疾患やアトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患先天性心疾患や川崎病等の小児循環器疾患、心臓検診予防接種、健診発達相談、育児相談など

【診療時間】

※月、火、水、金の午後の受付は18:00までです。

※土曜日は
午前:感染症等の一般診療
午後:健診・予防接種等のクーリンタイムのみの診療となります。

【休診日】

木曜日午後・日曜日・祝日
※お盆・年末年始